Fantasy and Illusion of Transformation in Japanese Dance and Ballet

Email Header Ss 59 Edit 02

Fantasy and Illusion of Transformation in Japanese Dance and Ballet

Roberto Lara, the guest artist, and Sachiyo Ito will discuss the transformation of genders in ballet and Japanese classical dance.

Lara, formerly of Ballet Trockadero, will perform an excerpt from his work La Catrina based on Mirtha from the ballet Giselle and the traditional Mexican myth of La Catrina, Queen of the Dead. Sachiyo Ito will perform and demonstrate the transformation of female to male roles and vice versa as illustrated in the Kabuki dance, Azuma Hakkei, and will perform an excerpt from Fuji Musume (Wistaria Maiden), the most representative Kabuki Dance.

Guest Artist: Roberto Lara
When: Sunday April 16, at 3pm
Place: Tenri Cultural Institute, 43 A West 13th Street, New York City  Between 5th & 6th Avenue
Admission: $15 general, $10 for Senior & Student


さろんシリーズNo.59
変身: 夢と幻のドラマ
日時:4月16日(土)3時
場所:天理文化協会43A West 13th Street NYC 
チケット:$15, $10 (シニア/学 生)
お問合わせ :(212) 627-0265/ sachiyoito@verizon.net>ゲスト出演:ロベルト・ララ 元トロカデーロ(男性バレー舞踊団)メンバー

4月16日のさろんシリーズNo.59では舞踊における変身がテーマです。
男から女への、そして女から男への「役柄の変身とは?」をお話し、デモンストレーション、舞踊を通して考えます。ゲスト アーティストのロベルト・ララ氏は男性バレー舞踊団トロカデーロの元メンバーで、ララ氏の男性から女性への化粧の プロセス をメークアップ・アーティストと共にお見せし、バレー「ジゼル」とメキシコの神話に基いた彼の創作作品を披露します。一方、伊藤さちよは舞踊「吾妻八景」を例に取り、男女様々なキャラクターへの変身を説明の後踊り、最後、典型的な歌舞舞踊、「藤娘」の一部を歌舞伎衣装、化粧にて披露します。

*さろんシリーズは舞踊に重点を置きながら、日本の伝統芸能に対する理解を多くの方々に深めて頂くのが主旨で、日曜の午後に開かれます。日本の舞踊、演劇、音楽に興味のある方、また勉強していらっしゃる 方々を対象に、Q&Aの場、楽しい意見交換のフォーラムを提供していくことを意図しています。*
 
次回さろんシリーズの特別公演をご期待下さい!

 


 

Show in Google map Tenri Cultural Institute, 43A West 13th Street New York City, between 5th & 6th Avenue
    No Twitter Messages.