Archives

All Posts Tagged Tag: ‘Salon Series #52’

Email Header Ss52

The Mundane and the Holiness: Asobime

Through the performances of the Kabuki Dance Shigure Saigyo and the classical Sankyoku music, Kajimakura, Salon Series No. 52 will explore the life of Asobime (Play Girl) and Shirabyoshi (Shrabyoshi Dancer). They are the medieval entertainers, described as the profane, and yet who served a sacred role in Japanese history. Originally a Noh play adapted to a Kabuki dance, Shigure Saigyo, surrounds an episode about a poet /monk Saigyo and a courtesan/Boddhisattva, while Kajimakura is about the impermanence of entertainers’ lives.

ss52-01

ss52-02

Guest Artists: Yoshiro Kono,  Mutsumi Takamizu and Masumi Takamizu on Koto,  Shamisen, and Vocal

Dance Japan: Yuu Fujita, Keiko Ikehata, Sachiyo Ito

Date: Sunday June 21, 2015 3-4pm

Admission: $15, $10 for Senior & Student

__________________________________________________

さろんシリーズ第52回

さろんシリーズ17周 年の2017年第2弾さろんシリーズ第52回では、穢れたものであり、かつ神聖なものと表現された、中世放浪芸人、遊女(あそびめ)、白拍子に

焦点をあてます。上演演目は能に題材を得た歌舞伎舞踊で、遊女江口の君と僧であり歌人の西行のエピソードを描いた「時雨西行」と、琴と三弦による地歌「 楫枕」(かじまくら)です。

ゲスト出演:高野芳郎、高水睦、高水麻純

その他(伊藤さちよ、藤田ゆふ、池畑恵子)

日: 6月21日(日), 午後3時

場所:天理文化協会43A West 13th Street NYC

チケット:$15, $10 (シニア/学生)

お問合わせ :(212) 627-0265/ sachiyoito@verizon.net

*さろんシリーズは、舞踊に重点を置きながら、日本の伝統芸能に対する理解をくの方々に深めていただこうと言うのが主旨で、年に3回、天理文化協会にて、 日曜の午後に開かれます。日本の舞踊、演劇、音楽に興味のある方、また勉強し ていらっしゃる方々を対象に、Q&Aの場、楽しい意見交換のフォーラムを提供していくことを意図しています。

Show in Google map Tenri Cultural Institute, 43A West 13th Street New York City, between 5th & 6th Avenue
    No Twitter Messages.